魔法円TOP
魔法円で自分だけのお守りをつくる!
木曜日の神様「ゼウス」を呼び出して金運・仕事運アップ!
魔法円は、「ヘレニズム時代にエジプトで大発展したと言われる古代魔術のお守り」です。
魔法円にはいろいろな種類が存在します。ここでは特に有名な「ソロモンの護符」を紹介します。
全部で 44 枚あり、それぞれ意味や願い事が違います。 

今回は、「金運」や「恋愛運」に効果を発揮する
魔法円のお守り(オリジナルコイン)に「ある条件下の元ご自身で息を吹き込む会」を開催致します。
 ※「恋愛運」をご希望の方は、会場で対応させていただきます。
 
★ 金運・仕事運は、木曜日の神様(ゼウス)に願いを込め木曜日に行います。
金運・仕事運・商売繁盛・事業繁栄・開運成就・才能開花・習い事運・家内安全・夫婦円満・平和・現状維持
に効果が期待できます。

ご参加いただくと
 1.金運や仕事運に効果があるとされている2種の魔法円 Pentacle(護符)が付いています。
 2.ある条件下の元ご自身で息を吹き込む方法がわかります。
 3.「魔法日・魔法タイム・方角」が分かりますので魔法円パワーを発動させることができます。
  
当日は、オリジナル「魔法円 コイン」を2種類づつご用意いたしますので、ぜひご参加ください。

★願い事をかける儀式とは・・・


ソロモン王はイスラエル王国第3代国王(在位紀元前965~925)。
豪壮な神殿や宮殿を建築し王国の再盛期を築きました。旧約聖書の中で、神から知恵と見識を授けられたとされているほどの知恵者だったようです。建築もさながら生涯3000冊の本を書き、その中にある「魔導書」が有名になり1~5世紀ごろにまとめられ「ソロモンの遺言」という本が作られました。
宮殿を作るタイミングや王国の運勢などを惑星・天使・悪魔などを操っていたようです。

ソロモン王は
地球を取り巻く惑星・月・太陽・水星・金星・火星・木星・土星のそれぞれの神様を呼び出して願い事を叶えてくれる装置を考えました。それが魔法円です。

魔法円には惑星の神様が好きな文字やマークか書かれています。
人間の悩み事・願い事を惑星別に得意な神様の呼び出します。昔から願い事ナンバーワンの「金運」は木星の神様が担当しています。
そして木曜日の神様は、木曜日にしか出現しません。しかも月の光が満ちてきている上弦から満月の間の木曜日なのです。さらに木曜日の中でも木星時間があり1日に4回チャンスがあり1回あたり約1時間になります。この限定された日と時間に儀式を行います。

本格的な儀式は、1回約1時間の魔法タイム内に魔法円を写します。そしてお守りとして保管します。

自分でできる「魔法円キット」は、「金運・仕事運」に効果があるといわれている魔法円コインが5枚セットされています。
このコインに「魔法日・魔法タイム・方角」を合わせて願い事を注入します。
その後、財布等で大切に保管してください。きっと素晴らしいお守りになってくれるでしょう。


 ★ お守りに息を吹き込む儀式の流れ

  1. 願い事にあった魔法コインを選ぶ
  2. 選んだ魔法円コインのあった日時を確認
  3. 儀式に必要な道具を準備
     ※会場に準備してあります
  4. 儀式を行う場所を清掃して整える
     ※あらかじめ清掃済です
  5. 儀式は「魔法日の魔法タイムに正確な方角に向けて」約1時間以内に終わらせます
  6. 儀式後、魔法円コインは護符として発動。財布等で大切に保管しましょう。

魔法円について

 

 

ソロモン王の魔法円

魔法円は願い事・欲望などを叶えるための力を引き出したり霊たちを呼び出して操るための装置のようなものです。魔法円は多数ありますが特に有名なのが、「ソロモン王の魔法円」でしょう。ソロモン王が邪悪な霊から身を守るために作ったといわれています。魔法円には魔力アップのアイテムとして

  • 神聖な神様の名前
  • ヘブライ語(神様の言語)
  • ペンタグラム(五芒星)
  • ヘキサグラム(六芒星)

が記されています。


ソロモン王

紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエルイスラエル王国)の第3代の王(在位紀元前965年紀元前925年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバ

古代イスラエルの最盛期を築いた王。神から知恵と見識を授けられたとして生涯3,000冊もの本を書いたようです。イスラエルを繁栄させて、エルサレム宮殿を築き、長い統治と経済的繁栄と国際的名声をもたらしました。


ソロモン王のペンタクル 太陽の第1ペンタクル

魔法円は悪魔や天使などの様々な霊を使い、人間の欲望をかなえる魔術に必要な道具です。

紀元前2千年紀の古代バビロニア文明頃からあったとのことで、ヘレニズム時代の古代エジプトでは大発展したようです。ソロモン王の名前がついた魔導書もこの頃です。古代から中世ヨーロッパ、12世紀へと魔術は新しい発達を遂げました。

具体的に魔術の目的は、

  • 恋愛成就
  • 金運
  • 名誉
  • 敵を倒す
  • 宝探し
  • 政治力
  • 泥棒探し
  • 事故防止

どれも人間が望むような欲望・願望です。魔術の本が印刷技術の発明により多く人の目にふれる15世紀頃の人気だった目的はなんと「宝探し」でした。「ソロモン王の鍵」「黒い雌鶏」なども一攫千金目的に役立ったとのことです。

 

ソロモン王の鍵の魔術は、神様に祈り霊を動かして天界・四代元素の霊に願いが叶うよう現実に働きかけます。その際に必要なのが天上の霊たちとコミュニケーションをとるための時間・日にち・色・金属・薬草・お香・方角・呪文・印章・図形・文字などです。揃えば揃うほどパワーがアップして霊や天使たちを動かすとされています。この様々なアイテムとルールが記されているのが「ソロモン王の鍵」なのです。

これらのアイテムの中で重要なのが「魔法の曜日」と「魔法タイム」です。「ソロモン王の鍵」では惑星の力は非常に強く、曜日、一日の時間を支配しているので魔術の内容(恋愛・仕事・金運など)によって行う時が決まっているという考えです。
 

 

霊たちを呼び出すルールやアイテムが書かれているのが「ソロモン王の鍵」


魔法円は自分で書いた方がパワーが強くなります。

コピーした魔法円を持っていてもただの紙に過ぎません。

 

魔術界での神様とは…

黄道12宮の天使たち。それは宇宙にいる惑星の神様のことです。黄道12宮とは天球上の太陽の通り道(黄道)を、白羊宮から双魚宮までの12のエリアで均等に割った概念のことです。360度を12で割るのだから、それぞれの宮が30度ずつ受け持つことになります。

1つの宮には神様がいるとされ、「宮」は「宮殿」の意味です。現代では12星座として「牡羊座」「牡牛座」…と言われていますが、正式には牡羊座は白羊宮といいます。


魔術は紀元前2000世紀の古代バビロニア文明の粘土板から始まっていたとされています。この頃には水星と金星が内惑星、火星、木星、土星が外惑星であるということは、バビロニアの天文学者には既に知られていました。地球から見える月・太陽・水星・金星・火星・木星・土星にはそれぞれ神様がいて、地球に影響力をもたらしていると考えたのでしょう。現在の占星術も基本的な考えは同じです。身近に感じるものとして月は満月・新月の動きで地球上にさまざまな影響があります。現代の占星術は古代で使用した7つの惑星以外にも望遠鏡の発展もあり数多くの惑星・衛星が発見され、その都度追加され進化しています。使用する惑星が多くなり複雑になってはいますが、パソコンがあることで古代では難しかった惑星の距離計算が簡単になっています。惑星の神様をパソコンで操ることになりますが、魔力は変わらないと思っています。何故なら私のところへ来てくれているお客様はパソコンで計算された魔法で幸運をつかんでくれています。古代人から受け継がれている知恵とアドバイスによって悩んでいる人の心の変化・希望が得られるのが魔法だと思います。


魔術や魔法円、占いが気になっている時は今の自分をどうにか変えたい・良い方向へ変化させたいと考えているからだと思います。魔法円は今の自分と願望を確認する意識が大切だということを教えてくれます。

木星の護符 7枚


1st-Pentacle-of-Jupiter

木星 第1の護符

仕事運アップに効果あり。

「才能の宝」を取得するためのお守り。

 


2nd- Pentacle-of- Jupiter

木星 第2の護符

栄光、栄誉、富、心の静けさを得るための魔法のお守り。
周囲からの評価が期待できます。


 


3rd- Pentacle-of- Jupiter

木星 第3の護符

自分の人や家の近くに残っている可能性のある邪悪な霊に対して敵とみなして防御してくれます。
もし霊が出現したらこのお守りを見せると霊は服従します。


 


4th- Pentacle-of- Jupiter

木星 第4の護符

大富豪の護符(お守り)。金運専門。
富と名誉を得るために働きます。
ただし12年に約1年間しか使用出来ない貴重な魔法のお守り。
前回は2013年6月26日~2014年7月16日でした。
次回は2025年6月10日から2026年6月30日までの間です。

 

6th- Pentacle-of- Jupiter
木星 第6の護符
家内安全無病息災のお守り。
あらゆる地上の危険から身を守ります。


 

7th- Pentacle-of- Jupiter
木星 第7の護符
貧困に対して大きな力を持っています。
金運を良くし浪費を押さえてくれます。
自信がなくなった時に勇気を授けてくれるとも言われています。

5th- Pentacle-of- Jupiter
木星 第5の護符


夢や理想を現実にしてくれる大きな力を持っています。

過去の「魔法円の会」

image01
image02
image03
 
 

詳細

■ 日程 1.12月21日(金)19:00~20:00  
2.  1月17日(木)19:00~20:00 
3.  2月14日(木)19:30~20:30

※ご都合の良い日にご参加ください。
■ 内容 金運・仕事運・恋愛運
商売繁盛・事業繁栄・開運成就・才能開花・習い事運・家内安全・夫婦円満・平和・現状維持
■ 会場 セミナールーム「LESSON」
東武東上線「大山」駅 南口より徒歩8分

〒173-0022
東京都板橋区仲町15-15-1F

★地図はコチラから
■ 参加費 各会 : 6,480円(税込)
■ 教材 1.オリジナル「テキスト」
2.「魔法円 Pentacle(護符)」2種類
■ 講師 Kiko
テキスト
テキスト
魔法円 Pentacle(護符)
魔法円 Pentacle(護符)

ポラーノ広場

受講申込はコチラから

 
12月21日(金)
 
1 月 17 日 (木)
2 月 14 日 (木)

講師

Kiko
Kiko……東京都出身。
霊感のある家系に生まれ、霊力を持つ母に育てられる。
幼い頃より特殊な能力を持ち、他の人には見えない者と話をしたり、霊受、霊授、ソートフォームの体感など、周囲を驚かせていた。
占いの仕事に関わるようになると、経営者、著名人が相談に訪れるようになる。
他にも人や土地などのエネルギー調査、調整を行い、悩みの相談や、体調不良の改善に応える。
また、日本を代表するダウザー堤裕司の愛弟子として、スピリチュアルダウザーとしても活動。
霊能力とダウジングで相談者が抱える根本的な悩みをリーディングし、解決に導いている。

★ダウジング
★スピリチュアルリーディング
★気学
★タロット
★西洋占星術
★算命学
★手相
★アストロダイス

監修

森月ウラン

運勢の魅力に関わって2017年で25年目。
卒業旅行先のドイツで倒れ、病院の看護婦さんに「星まわりが悪いから日本へ帰りなさい」と言われたことが占星術との出会いに。
広告代理店勤務を経て12星座占いを日本で初めて新聞に載せた門馬(もんま)寛(かん)明(めい)先生に師事。

過去にはフジテレビ土曜めざましテレビに出演。成美堂出版「毎日の運勢」、講談社「別冊フレンド・タロット講座」など掲載。
恋愛・結婚・仕事・健康・人間関係などの運勢判断を行っています。 幸運期は平等に回ってきます。幸運期を使って運勢をあげていきましょう☆

個人別の魔法円作成やみぃあと一緒にマッチングのお手伝いもしています。


 ★タロット・カード・アストロダイスのeラーニング監修
 ★成美堂出版「九星開運暦 ―毎日の運勢」
 ★Ray 占いバイブル
 ★フジテレビ「土曜花やしき」占いコーナー

 ★成美堂出版「毎日の運勢」

 ★講談社「別冊フレンド・タロット講座」

ページトップ