Top

私のオーラ何色ですか?
こんな事が気になる方にお薦めの講座です。
 
そもそも、オーラって何?
何だか良くわからないけど、オーラが気になる、という方も多いのではないでしょうか。
本講座では、イギリス生まれの神秘学者 ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー の研究に基づき、
オーラについて詳しくお話していきます。
 
ブラヴァツキーによると、肉体のオーラには4つの階層があり、
それぞれのオーラには、役割があります。
 
肉体に一番近いオーラを エーテル体と呼び、生命エネルギーをつかさどります。
そして、エーテル体の外側にあるオーラを アストラル体と呼び、感情をつかさどります。
そして、アストラル体の外側にあるオーラを メンタル体と呼び、思考をつかさどります。
そして、一番外側にあるオーラを、コーザル体と呼び、潜在意識をつかさどっています。
 
この肉体のオーラ4層を理解することで、肉体のオーラをコントロールすることが可能になっていくのです。
その結果、不調和が調和され、体調や感情面など、改善されていく流れが生まれてくるのです。
 
そして、ブラバッキーによると、肉体の他、魂にもオーラは存在します。
魂のオーラと肉体のオーラをつなぐエネルギーがチャクラになるのです。
 
オーラと密接に関係しているチャクラも理解していくことで、
オーラの色の謎が解き明かされていきます。
 
私のオーラ何色ですか?
オーラの色を見る方にも、ご自身のオーラが存在していますよね。
と、いう事を理解していくと、オーラの色についても謎が解けてくるのです。
 
本講座では、オーラやチャクラについての詳しい解説の他、
ペンデュラムやロッドを使い、実際にオーラを測定し、形を確認、
エーテル体のオーラについては、オーラビュワーを使い肉眼での確認を行っていきます。
調整が必要なオーラについては、
ペンデュラムやロッド、クリスタル、オルゴノパッド、ヴァイテック、香り
を使う方法をご紹介いたします。
 
また調整の方法については、最近話題になってる、オルゴナイトについても触れていきます。

オーラセラピー講座

講座内容

初級 ペンデュラム講座
〇 振り子の選び方
〇 振り子の持ち方
〇 シュブリュールの振り子
〇 YES NO の信号
〇 振り子のチューニング
〇 青い太陽
〇 当て物に挑戦
〇 質問の組み立て方
〇 先入観の対応
〇 波動の消去法
〇 ビタミンチャート
〇 ミネラルチャート
〇 プロテインチャート
〇 職業インジケータ
〇 特性チャート
〇 YES NO MABY チャート
単科 オーラセラピー講座
●オーラの構造
●オーラの見方
●実際にオーラを見る
●オーラを見るために
●オーラの色
●オーラの測定(振り子・Lロッド・オーラメーター)
●オーラの調整 
教材 : Aura Viewer
教材 : Aura Viewer

詳細

■ 開催日時 Coming Soon
■ 会場 セミナールーム「LESSON」
東武東上線「大山」駅 南口より徒歩8分

★地図はコチラから
■ 参加費

15,000円+消費税(教材費込み)


 ※クレジットカード・コンビニ・・キャリア決済・楽天ペイ・銀行振込の事前入金になります
■ 定員 8名

受講申込はコチラから

 
申込ボタン
 

「初級講座:ペンデュラム講座」を受講済の方はコチラからお申込みください。

講師紹介

堤裕司

堤 裕司 (日本ダウザー協会 会長) 

10歳の時UFOを目撃
ミステリーや精神世界に興味をもち、14歳の時にダウジングを知り体験する。

1984年  日本ダウザー協会を設立。
       日本でのダウジングの普及とともに海外のダウザー協会とも交流を図る。
1989年  東進カレッジ・能力開発研究所主任研究員に任命され脳波研究をする。
1990年  TBS「たけしの頭の良くなるテレビ」に出演、ダウジングの実験を公開。
       これ以降、テレビ、ラジオ、週刊誌などに多数取り上げられる。
1992年  ダウジングと科学的な測定機器による幽霊退治団体「ゴーストハンターズ」を組織
       マスコミに多数紹介される。
1994年  イギリスで行われたインターナショナル・ダウジング・アソシエイション
       (国際ダウジング協会)の設立会議に出席。世界のダウザーと交流。
現在     日本ダウザー協会会長、日本エネルギー医学協会理事をそれぞれ務める。
       日本ダウジング界の第一人者

◇ 著書
  『驚異のダウジングⅠ』(太田出版)
  『驚異のダウジングⅡ』(太田出版)
  『驚異のダウジング(文庫 早分かり版)』(太田出版)
  『ついに幽霊を捕獲した』(廣済堂出版)
  『超意識の秘密』(知玄舎)
  『マインドテクノロジー(上下)』(知玄舎)
  『あなたもペットと話が出来る』(学研)(翻訳監修)  など

ページトップ